脚や肘のかさかさ肌をすべすべ肌にするおすすめ保湿クリーム

乾燥肌には保湿が一番!

雪国では冬も湿度が高いですが、

太平洋側を中心に日本の多くでは冬は湿度が下がります。

湿度が下がった時に困るのが肌の乾燥です。

 

雪国の人は色々大変ですが、

肌の乾燥という面だけをとったら、

冬でも潤った肌をしていてうらやましい限りです。

 

肌が乾燥するとかさかさで白い粉をふいたり、

かゆみを伴ったりしてしまいます。

かゆさに耐え切れず掻いてしまうと擦り剥けて痛々しい姿になることも。

 

そんな乾燥肌を治すにはなんといっても保湿を高めることです。

多くの保湿クリームが市販されています。

お風呂上り直後にこうした保湿クリームを塗るのが

もっとも効果的で簡単な治療法です。

 

保湿クリームの選び方

保湿クリームはいろんな種類が販売されていますが、

特に気を付けたいのは以下の2点です。

①保湿効果が長続きする

まず最初に気を付けたい点が保湿の持続力です。

風呂上りに塗っても翌日の日中にはかさかさになっていることが有ります。

だからといって日中に頻繁に塗るのは難しいですよね。

 

クラウンセルクリームという保湿クリームは、

保湿効果が長く続くことに力を入れています。

日中塗り直すことなく効果が維持できるのはありがたいですよね。


 

②肌に優しい成分を配合

もう一点気を付けたいのが配合成分です。

保湿効果が高くても配合成分が肌に合わなければ、

肌荒れの要因になりかねません。

 

保湿クリームを塗って肌荒れしたのでは本末転倒ですよね。

なるべく天然で肌に優しい成分を配合したものを選びたいです。

 

水の彩という保湿クリームは、

赤ちゃんにも使えるという謳い文句で、

肌に優しい成分のみを配合しています。

赤ちゃんにも使えるなら敏感肌の人でも安心ですね。


 

こうした保湿クリームを塗ることで、

かさかさ肌をすべすべ肌に変えましょう。

雪国の人の美肌を手に入れられるかもしれませんね。

 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください